toshi_a1995★B級グルメと一行日記

B級グルメとアウトドア、気になるガジェットの一行日記

伊勢原 大山(おおやま)

登山と呼ぶには低く、神奈川県ではハイキング的な山と思っていたが、甘かった。

突然、何を思ったのか
「5kmのマラソンに出る。」と決意した小学校2年生。なんでも、決めたそうだ。(爆)
親の同伴が必要で、「そりゃ無理だ!」とかぶりを振っていたが、登山する事でかみさんと娘が同意した。

じゃあ、大山でも行くか..

県西ではメジャーらしく、遠足でも登るという「大山」に登る事にしました。
たかが1252m。大したことないよね。
と思ったのが、油断でした。

8時過ぎには第2駐車場がほぼ一杯

一番上の第2駐車場に8時頃到着。ほぼ一杯です。駐車料金は1000円/日
土日は8時にはついていたいですね。

さて、登り始め

まずはお土産屋をすり抜けながら緩やかな階段を登ります。

ケーブルカーの脇を抜け

乗りたいケーブルカーを素通りして、登山口に取り付きます。

まずは、最初の分岐へ

右に男坂、左に女坂。
男坂にチャレンジ。壁のような急登階段です。
最初っから既に大人はバテバテになります。

最初だけかと思ったら、ずーーーと。

鈍った体にはえげつない直登ですね。

男坂を登りきると

阿夫利神社 下社に到着。

大山阿夫利神社について | 大山阿夫利神社
 大山阿夫利神社(おおやまあふりじんじゃ)は、今から二千二百余年以前の人皇第十代崇神天皇の御代に創建されたと伝えられている式内社でございます。 古くから相模国は許より関東総鎮護の霊山としてご崇敬を集め...

こっから山頂へ

ここからが登山口になります。

又、急登階段。
(⊙_⊙)
頑張りましょう

途中に夫婦杉があります。大きい杉ですね。

富士見台までは稜線に出れないので、急登です。

残念ながら、曇って富士山は見えませんでした。
しかし、稜線に出てもほとんど急な登り。息つく間が有りません。

到着

1252mの山頂に到着。
出発してから約2時間45分。
コースタイムより15分遅れ。子供達もよく頑張ったと思います。
それより自分の鈍った体が頑張ってない感出してますね。
頂上はガスっていてうっすら見透せるぐらい。

下りは見晴台経由で

急登してきたので当然帰りも急階段。
慣れていない子供達は元気とはいえ膝が笑ってました。
そりゃ仕方ないか。
見晴台についてやっと一息

見晴台からは下社まで緩やかな下り
見晴台から下社までは緩やかな下り。こんな道が登り下りのあい間にあれば良いのに...
途中に二重滝(細いですが)があったりしながら下ります。
imb_20160722185237.gif

下社からの下り

迷ったんですが、子供達の体力も考えてケーブルカーで下る事にしました。

いや、
新型ケーブルカーに乗りたいなんていう大人の趣向は入ってませんよ。ええ。

ケーブルカーに16億円!大山観光電鉄の戦略 | 特急・観光列車 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
大山観光電鉄に10月1日、約4カ月半の休止期間を経て待望の新型車両がデビューした。...

フロント、リアともに屋根まで続くウインドウが開放感一杯。
ケーブルカーのロマンスカーですね。
imb_20160722073204.gif

無事に登って帰って来ました。

6.5kmは初回にしてはキツめだったかもしれませんが子供達もなんとか歩けそうなので、次回はもう少し楽そうな場所に行きたいですね。
2回目があればね。
ヾ(@°▽°@)ノあはは

スポンサードリンク:
アウトドア&スポーツ ナチュラム

広告を非表示にする